母子家庭親子ソーセージ作り&バーベーキュー
6R1Z 小牧 ライオンズクラブ

場所:くりの木ランチ
日にち:2019年11月17日

【動員数】
メンバー:17人 一般:41人

【活動内容】
11月17日(日)くりの木ランチに於いて、市内母子家庭17家族41名の親子を招き、ソーセージ作り体験とバーベキュー大会を開催した。
 冒頭 会長、福会福祉委員長の挨拶があり、その後、ソーセージ作りを執り行ない幼い子らが必死となって講師の説明をエプロン姿、頭に三角巾を付け聞きいっており、その姿には微笑ましく感動もしました。
 その後、ライオンズメンバー17名も加わり、バーベキューを行い、自分達で作ったソーセージも食べ、楽しい一日を過ごしました。

チャリティマラソン第6回大会
3R2Z 弥富 ライオンズクラブ

場所:弥富市三ツ又池公園 三ツ又池周回コース
日にち:2019年11月17日

【動員数】
メンバー:35人 一般:950人

【活動内容】
小児がん克服支援活動協賛「チャリティマラソン第6回大会」を、弥富市三ツ又池公園周回コースで開催。 毎回参加者が増え、今回も703組873名の参加があった。
「大地を駆けるよろこび あの子にも」を キャッチコピーに掲げ、小児がんと闘っている子供たちを励ますため、NPO法人ゴールドリボン・ネットワークを通して支援している。参加募集はインターネットの募集サイトへ委託し、走ることが好きでチャリティの主旨に賛同していただけるランナーを募った。近隣はもとより関東関西からも参加いただいている。参加者が増えたことは、ボランティア活動への理解と、小児がんへの理解が少しずつ広まっていると推察する。また、仮装ランナーにも楽しんで参加いただけるマラソンとしても、広まりつつある。小児がんを克服したランナーや、 ボランティアで参加頂いているゲストランナーにも毎回参加協力頂いている。 種別は、10Km ・ 5Km ・ 2.5Kmの男女、ファミリートライ(2.5Km)で、表彰式では特別賞のコスプレ賞なども多数用意し、お楽しみ抽選会も実施している。小規模ながら、応援してくれる観客も増えつつあり、 楽しんでいただけるマラソン大会ではないかと感じる。
地元基幹病院「海南病院」様からドクターカー配備とメディカルランナーも参加し、ランナーの安心安全をバックアップ。 参加賞は、地元の野菜とお米・ふりかけなどを用意し、毎回好評である。地元 ボランティア団体や弥富市・飛島村の観光協会もブース出展していただき、会場を盛り上げていただいている。ボーイスカウトには、豚汁作りに腕を振るってもらい、地産トマトやスポーツドリンクとともに競技後のランナーに提供している。
  8:00~ ランナー受付
  9:00~ 開会式・準備体操、等
 10:00~ 10Kmスタート
 10:05~ 5Km、2.5Km、ファミリースタート
 11:20~ 閉会式・表彰式・抽選会
 12:00  終了 と同時に片づけ開始!

第44回親と子で楽しむ写生大会
4R2Z 豊田加茂 ライオンズクラブ

場所:写生大会;鞍ケ池公園j 表彰式:産文センター「小ホール」
日にち:2019年11月16日

【動員数】
メンバー:23人 一般:400人

【活動内容】
写生大会  10月19日(土)  9:00~16:00 鞍ケ池公園一帯
作品審査会 10月19日(土) 16:00~18:00 高橋コミュニティセンター
入賞作品展示11月 8日(金) 15:00~17:00 豊田産業文化センター1F
表彰式   11月16日(土) 13:00~16:30 豊田産業文化センター小ホール
 
本年度、44回目となる写生大会を恒例の鞍ケ池公園にて開催いたしました。
朝方より雨模様で開催が危ぶまれましたが、熱心な親子連れが参加下さり本当に頭が下がりました。近年、参加者が減少しつつなりましたが、提出250点ほどの作品が集まり、大会終了後に審査会を行いました。
5月頃より企画・打ち合わせ・チラシ作成(市教育委員会から各小委学校へチラシ配信)、受信機器が無い家庭にはチラシを配布、長いスタンスのアクティビティですが、会員が団結し、協力を仰ぎながら、表彰式を無事に終えた達成感はとても満足しています。
又、参加者の方々も自然を親しみ、親子とのふれあいが出来たと感じています。

クラブ月例活動
報告書
2020.04.30 会員数:5,948名