「福祉のつどい」にて介助犬啓発活動
6R2Z 春日井さくら ライオンズクラブ

場所:春日井市総合福祉センター
日にち:2019年11月09日

【動員数】
メンバー:20人 一般:2人

【活動内容】
春日井市の「福祉のつどい」で介助犬啓発活動に参加して9年目となります。デモンストレーション見学者も年々増加して今年は300名を超えました。 介助犬を必要とする方は全国で15,000人もありますが、現在認定されている介助犬はわずか70頭余りです。
春日井さくらライオンズクラブでは、シンシアの丘からPR用介助犬コアを招いて午前、午後と2回のデモンストレーションを行い、介助犬がどんなお手伝いをするのかを見て頂きました。
 ご来場者からは「毎年介助犬のブースを楽しみにしている」とか「去年と同じ犬?」などの声があり、この地域での介助犬認知が広がっている喜びを感じています。クラブメンバーがそれぞれ役割分担をして募金箱や、プラカードを持って呼び掛けたり、グッズ販売を行いました。
 会場内では大勢の皆様にご覧頂き、介助犬コアが広報担当者の指示に従い、携帯電話を探したり、冷蔵庫のペットボトルを届けたり、靴下を脱がせたり等々のお手伝いをすると割れんばかりの拍手を頂きました。
デモンストレーション終了後は大勢の皆さんがコアとの触れ合いを楽しみました。  皆様のご協力でグッズ売り上げ49,000円、募金34,464円とシンシアの丘から報告を頂きました。
春日井さくらライオンズクラブは、障がいを持った皆様のお手伝いができるように今後も継続事業として介助犬啓発活動を続けて参ります。

福祉のつどい協賛献血
6R2Z 春日井中央 ライオンズクラブ

場所:春日井総合福祉センター
日にち:2019年11月09日

【動員数】
メンバー:18人 一般:52人

【活動内容】
春日井総合福祉センター内に献血車を設置し献血及び骨髄バンク登録受付、呼びかけを実施開催した。
会員も献血に協力した。
献血に協力して頂いた方は52名、うち献血できた方は38名でした。

薬物乱用防止教室
4R1Z 岡崎南 ライオンズクラブ

場所:岡崎城西高等学校
日にち:2019年11月07日

【動員数】
メンバー:6人 一般:65人

【活動内容】
今年度も岡崎城西高等学校にて薬物乱用防止教室を行いました。
6人のメンバーで学校訪れ、L.佐々木保明とL.井形将央が講師を務めました。
高校生を相手にする岡崎南ライオンクラブオリジナル寸劇が受け入れられて、先生も交えて、教室から笑いも起こり、理解しやすい薬物乱用防止教室になったと思います。
良い時間となりました。

クラブ月例活動
報告書
2020.06.30 会員数:5,616名