手縫いの雑巾150枚を寄付
2R1Z 豊橋みなと ライオンズクラブ

場所:豊橋市役所
日にち:2019年08月26日

【動員数】
メンバー:3人

【活動内容】
当LCには特別奉仕部会「ありんこの会」という家族会員と共に活動する部会があります。 ・会員や会員の知人より不要タオルを回収し、会員が手作りで雑巾に仕上げ、福祉団体や公共施設へ寄贈する。・会員や会員の知人よりリサイクル本を回収し、福祉団体や公共施設へ寄贈する。上記2つの活動を主に行っております。

会長 鷲野浩一郎、ありんこの会部会長 鷲野ひとみ、ありんこの会副部会長 廣田 勉が豊橋市役所に伺い、さまざまな場面で役立てていただきたいと思い、豊橋市消防団女性分団へ手縫いの雑巾150枚を寄贈させていただきました。今回で18回目の活動となりました。今後も、十分に活用していただける施設を模索しながら活動の拡大を図ってまいりたいと考えています。

献血推進運動
4R2Z 豊田 ライオンズクラブ

場所:豊田スタジアム
日にち:2019年08月25日

【動員数】
メンバー:20人 一般:133人

【活動内容】
毎年豊田スタジアムで開催される「豊田産業フェスタ」にて、ブースを借りて献血推進運動を実施しました。例年秋に開催されるイベントですが、ラグビーワールドカップの影響で、今年度は8月に開催されることになりました。
真夏の炎天下の中、集客が心配でしたが、クラブ員が事前に献血に協力してもらえそうな方々に声をかけたり、当日の声掛けが功をなし、当クラブが今まで活動してきた中で過去最高の献血者数(400ml109体)を得ることができました。

一宮市中学生英語スピーチコンテスト
3R1Z 一宮 ライオンズクラブ

場所:一宮商工会議所ビル3階 大ホール
日にち:2019年08月25日

【動員数】
メンバー:25人

【活動内容】
2019年8月25日10時より中野正康一宮市長をはじめ、審査委員に愛知県立一宮高等学校英語教論2名、岐阜県国際交流員カンカーニゲ・エレンガさんをお迎えし行いました。
当日はロング部門(11名)とショート部門(20名)に分かれ、生徒たちの思い思いをテーマにスピーチしていただきました。当日を迎えるまでの間、スピーチの原稿作成に時間を費やし頭を抱え、ご両親と必死に練習し頑張ってこられ、子供たちからは
『両親と一緒に一生懸命取り組むことができました』
『緊張することなく話せた』
『また開催してほしい』
『自分の成長に役に立った』
などと、子供たち自身が自分の成長を感じることができた時間であったことを聞くことができましたと同時に我々ライオンズクラブメンバーが一宮市に暮らす子供たちの成長を間近に感じ、そのうえで家族との絆、挑戦することの重要性、そして未来への可能性を感じることができた貴重なアクティビティとなったと実感することができたことは言うまでもありません。  表彰の際の悔しがる子供、喜ぶ子供、そして泣いて両親に感謝する子供などさまざまな想いが今後世界で活躍することになるであろう子供たちの貴重な経験になってくれていれば幸いです。
ひとつの事業がこれほどまでの経験を作り、仲間を作りそして感動を作り上げる。 私たち一宮ライオンズクラブメンバーの誇りにもなったことと思います。

クラブ月例活動
報告書
2020.04.30 会員数:5,948名