薬物乱用防止啓発活動
5R1Z 武豊 ライオンズクラブ

場所:武豊町民会館
日にち:2019年11月10日

【動員数】
メンバー:14人 一般:200人

【活動内容】
小中学生を対象に薬物乱用防止クイズを行い、クイズに正解した子供たちにご褒美としてお菓子のつかみ取りを実施。(もちろん、全員正解)
小学生以下の子供には塗り絵をしてもらい、その間にお父さん、お母さんに薬物の怖さを説明した。終了後は、小中学生と同じようにお菓子のつかみどりを実施。
参加した皆さんに最後は、薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」と発声してもらいました。
また、合間に「薬物は、あなたをダメにします。」「薬物乱用は、ダメ。ゼッタイ。」とシュプレヒコールしながら、会場内をポケットティッシュを配りながら行進した。

合同奉仕活動・PR活動
4R1Z 額田 ライオンズクラブ

場所:岡崎市「豊富小学校運動場」
日にち:2019年11月10日

【動員数】
メンバー:15人 一般:2人

【活動内容】
地元「ふるさとまつり」協賛・参加
①綿菓子配布で台風19号災害義援金 募金活動
 30,417円 中日新聞に募金
②青少年薬物乱用防止活動で啓蒙グッズ300部 配布
③会場に献血車導入し献血活動
 受付者62人 400ml 54人

「福祉のつどい」にて介助犬啓発活動
6R2Z 春日井さくら ライオンズクラブ

場所:春日井市総合福祉センター
日にち:2019年11月09日

【動員数】
メンバー:20人 一般:2人

【活動内容】
春日井市の「福祉のつどい」で介助犬啓発活動に参加して9年目となります。デモンストレーション見学者も年々増加して今年は300名を超えました。 介助犬を必要とする方は全国で15,000人もありますが、現在認定されている介助犬はわずか70頭余りです。
春日井さくらライオンズクラブでは、シンシアの丘からPR用介助犬コアを招いて午前、午後と2回のデモンストレーションを行い、介助犬がどんなお手伝いをするのかを見て頂きました。
 ご来場者からは「毎年介助犬のブースを楽しみにしている」とか「去年と同じ犬?」などの声があり、この地域での介助犬認知が広がっている喜びを感じています。クラブメンバーがそれぞれ役割分担をして募金箱や、プラカードを持って呼び掛けたり、グッズ販売を行いました。
 会場内では大勢の皆様にご覧頂き、介助犬コアが広報担当者の指示に従い、携帯電話を探したり、冷蔵庫のペットボトルを届けたり、靴下を脱がせたり等々のお手伝いをすると割れんばかりの拍手を頂きました。
デモンストレーション終了後は大勢の皆さんがコアとの触れ合いを楽しみました。  皆様のご協力でグッズ売り上げ49,000円、募金34,464円とシンシアの丘から報告を頂きました。
春日井さくらライオンズクラブは、障がいを持った皆様のお手伝いができるように今後も継続事業として介助犬啓発活動を続けて参ります。

クラブ月例活動
報告書
2020.01.31 会員数:5,974名