Governor ガバナー紹介

地区活動方針

グローバル・アクション・チーム(GAT)
GLT・GST・GМT・をまとめるチーム
(1) GST・GМT・GLT・FWTの推進
※GST
 地区ガバナーチーム、ゾーンチェアパーソン、クラブ会長で構成し、クラブが情報や資料を特定し、奉仕事業をよりよいものにしてインパクトを高めるノウハウを活用できるよう支援する。
※GМT
 地区ガバナーチーム、地区コーディネーター、ゾーンチェアパーソン、地区GМT委員長で構成し、会員10人に対しプラスワン(1人)を目標に会員増強の効果的な計画を策定すると共に家族会員の存在意識をはかり推進に努める。会員増強をGLT・FWTとの協力、情報の交換等強力な連携のもと目標をクラブ3人純増をはかる。
※GLT
地区ガバナーチーム、地区コーディネーター、ゾーンチェアパーソン、地区GLT委員長で構成し、指導力育成に関する目標設置し、目的を盛り込んだ行動計画を実行する。公認ガイディングライオン養成講座・CEPファシリテーターの育成、クラブ講師養成講座、若手リーダー育成研修会を実施する。
 ※FWT
  家族会員の意義を認識し女性会員を増強する。地区委員とクラブ会長の連携をはかり、目標設定し達成をはかる。

(2) PR・ライオンズ情報・IT、地区誌
ライオンズクラブの社会のイメージの再結成知名度の向上を計ることを第一目標に活動し、ライオンズクラブの人道的奉仕活動を一般の人たちに理解して頂き、その活動を知らしめるためにIT活用によるPR活動をする。知名度の向上にはマスメディアを効果的に使うPRをする。ホームページの活用を充実し常に最新情報を更新し、社会への情報発信をする。平和記念ポスターコンテストへの参加を奨励する。

(3) LCIF国際関係
LCIFを活用した事業の推進。
MJFの年間目標として・1,000口以上の献金達成、クラブでのコーディネーターの設置。

(4) 青少年育成事業
① YCE
YCE事業により他国との青少年との交流の機会提供、異種文化を持つ地域社会・加速での体験による相互理解の精神を養い、グローバルな世界で活躍できる人材を育て、今後のライオンズクラブの人道的奉仕活動の理解者となるように推し進める。
② ライオンズクェスト・薬物乱用防止
ライオンズクェストの推進
・青少年の健やかな成長と薬物乱用防止も含まれる総合的なプログラムの推進。
・LCIFの四大交付金を推進して実績を増やすように取り組む。
・薬物乱用防止教室を単位クラブでの開催。
・薬物乱用防止教室認定講師養成講座の開催。
(5) 献眼・献腎・献血・骨髄移植推進・聴覚
当地域は献血・献眼事業は活発に実施されていますが、全国的には献血量は多い方ではないため、引き続き積極的に取り組んでいきます。又アシスタントドッグ育成事業などを奨励します
(6) 環境保全
・環境保全事業の推進
(7) 県民安全防止
・県民安全のための防犯カメラ設置
 3年計画の最終年です。例年以上に設置をお願いします。

ライオンズレート 1$=¥112
12/1更新

»過去のライオンズレート

クラブ月例活動
報告書
2017/10/31
会員数:6,682名

»過去のクラブ月例活動報告書

ページの先頭へ