国際会長テーマ

“多様性で ウイ・サーブ

334-A地区 スローガン

未来に向かって、感動の奉仕に
ウイ・サーブ

▲TOPへ
2019年度
2019-2020年度 クラブ三役セミナー
準備キャビネット会議
第32回ライオンズ国際平和ポスター・コンテスト応募要項
LCIFキャンペーン100
MyLion
▲TOPへ
ガバナープロフィール

L.根岸 昭雄(ねぎし あきお)

所属クラブ5R2Z 東海ライオンズクラブ
生年月日1947年(昭和22年)12月10日
現職株式会社つみき 取締役会長
● ライオン歴
1994年入会
2002~03年度334-A地区キャビネット副幹事
2007~08年度幹事
2010~11年度334-A地区LCIF・国際関係委員長
2012~13年度会長
2016~17年度5R2Zゾーン・チェアパーソン
2017~18年度334-A地区第2副地区ガバナー
2018~19年度334-A地区第1副地区ガバナー
ガバナー就任のごあいさつ
この度、名古屋市で開催されました第65回の地区年次大会代議員総会に於きまして、2019~2020年度地区ガバナーとして信任をいただきました事に、心から厚く御礼を申し上げます。身に余る光栄と共に、その責任の重さを痛感致しております。
 ライオンズクラブ国際協会が創設されてから100年が経過致しておりますが、各地に脈々と受け継がれてきたライオニズムの精神は今後も発展し、私たちライオンズメンバーは更なる飛躍をし続けることと信じております。
 今年度の国際会長は、「多様性」という表現を示しています。奉仕の形は千差万別であり、多様な視点からものごとを見ることで、ライオンズの力を最大限に発揮した、地域、そして世界のさまざまな需要に応える奉仕活動をすることが出来るとしています。
大がかりで派手なアクティビティを行うことだけがライオンズクラブの活動ではありません。会員数が減少している今、それぞれの地域で本当に必要とされている心のこもった温かい奉仕活動を展開することこそ私達に求められている課題なのだと思います。そこで、本年度は女性会員、家族会員の力を充分発揮して頂き、地域が本当に求めているアクティビティを探し出し、家族会員と共に行う事に力を入れていきたい。それが、「多様性」にもつながる奉仕活動の基本になると考えています。自らが学び、考え、行動することで心のこもった奉仕活動を行うことこそが真のライオンズクラブの活動と信じております。
我々に課せられた責任は多岐にわたりますが、334-A地区の発展とライオニズムの高揚のために全力を尽くします。結びになりますが、会員の皆様からのより一層のご理解とご協力をお願い申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます。

地区ガバナー L根岸昭雄

▲TOPへ ▲TOPへ
2018-2019年度
2017-2018年度
vol.2
Vol.1
▲TOPへ ▲TOPへ
クラブ月例活動
報告書
2019.05.31 会員数:6,319名